2010年06月30日

惜敗・・・

もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
SH370093 のコピー.JPG




桜甲子園口店のブログをご覧いただきありがとうございますひらめき
管理人の廣田公紀です。


今回はちょっと脱線話耳を・・・


W杯サッカー期間中(特に日本代表戦)のとき、当店スタッフもそれぞれにサッカーのユニフォームを着て接客&応援しておりました。


戦いの後、ちょっと放心気味あせあせ(飛び散る汗)ではありますが、記念撮影をしましたのでそのご紹介るんるん
SH370088 のコピー.JPG
(つかれてますねえ〜バッド(下向き矢印)


SH370091 のコピー.JPG
(彼の体力は底なしですパンチ


SH370089 のコピー.JPG
(左はチーム桜のユニフォーム。4年前ドイツ大会のときに作りました)


SH370092 のコピー.JPG
(やっぱり体力あります右斜め上右斜め上右斜め上


代表の皆さん、声を枯らして応援してたサポーターの皆さん

こころから「お疲れさまでした」


そして懸命に仕事してくれたスタッフのみんな

ありがとうexclamation×2


また次もよろしくお願いしますね耳










posted by 甲子園口桜 at 03:31| Comment(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

蒸し鶏と大根のサラダ

桜甲子園口店のブログをご覧いただきありがとうございますひらめき
管理者の廣田です。

サッカーワールドカップ日本代表決戦の日となりましたパンチ
朝まで営業してます当店でも(お客様がいらっしゃる限り)試合終了まで放映しますTV
1次リーグ突破右斜め上右斜め上右斜め上、期待してます


話は変わりまして

本日は「蒸し鶏と大根のサラダ」のご紹介です。

蒸し鶏と大根のサラダ.JPG


しっとり蒸し上げた但馬鶏のむね肉に、シャキシャキの大根と自家製のドレッシングを優しくあわせました。

自家製のドレッシングですが・・・

当店で3種類のドレッシングをあわせて使っております目


1つめ→「オリジナル大根サラダドレッシング」・・・これでもかというくらい細かく刻んだ白ネギに生姜や豆板醤を加え醤油とエクストラバージンオリーブオイルで仕上げてます。当店の和風サラダには欠かせないドレッシングのベースです。通称「大サラドレ」。いろいろな調味料とあわせて様々に味わいをかえる「デキるぴかぴか(新しい)」ドレッシングです。ただしそのままでは味が濃すぎて使えません

2つめ→「胡麻酢ダレ」・・・その名の通り胡麻とお酢(米酢)がベースですが、全部で12種類以上の材料を使ってます。すべての材料をあわせ鍋でゆっくり加熱してお酢のかどをとったあと葛でとめます(とろみをつけます)お酢っぽさはまったくありません。ちょっとピリ辛の胡麻の効いた甘辛いタレ(当店スタッフ談決定)です。

3つめ→「焙煎ごまドレッシング」・・・市販です。業者さんありがとうございます。


以上3つの全く個性の違うベースドレッシングをあわせると、なんとも不思議なコクあるまあるい味のドレッシングとなるのですわーい(嬉しい顔)


当店のグランドメニューでも大好評のこのサラダ

実は、ご飯にのせてもおいしいんですどんっ(衝撃)

スタッフのあいだでスマッシュヒットを放つその名も「大サラ丼右斜め上
ある女性スタッフの提案で生まれた(まかないメニュー)ですが、当初私も「えっ!?ふらふら」と疑っておりました。


食べてみました・・・美味しいんですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


このブログをご覧いただいて「ぜひ食べてみたい」と思われた方はご遠慮なくスタッフまでお申し付けくださいませ。



最後に、
日本代表がんばれ右斜め上右斜め上右斜め上



posted by 甲子園口桜 at 21:57| Comment(0) | コース料理のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

鱧(はも)ときのこの茶碗蒸し

桜甲子園口店のブログをご覧いただきありがとうございますひらめき
管理者の廣田です。


今回はタイトルの通り「鱧(はも)ときのこの茶碗蒸し」のご紹介です。


これから旬を迎える「鱧」
湯引きして牡丹の花のように開いた鱧を梅肉や辛子酢味噌でいただく・・・

夏ですねえ三日月


当店では茶碗蒸しに入れてみました。
茶碗蒸し.JPG
(撮影時手が回らず準備中の段階でしか写真が撮れませんでした・・・すいません)


写真ではちょっとわかりにくいんですが、きのこと花びらの形に抜いた人参、三つ葉の下に鱧がかくれております。


茶碗蒸しの卵液(というんでしょうか?)は卵とだしを合わせて作りますが、当店のだしは北海道産真昆布と枕崎産のかつお節からじっくり丹念に引いた一番だしに、無添加の調味料(醤油など)を加えて、さらに追いがつおをして薫りを一段と高めた「あわせだし」を使っております。


香り、味、コク。どれをとっても申し分なしexclamation×2exclamation×2exclamation×2


暑い夏晴れにはあえて冷やして!というのも一興ですが、蓋を開けたときに立ち上がる香りも楽しんでいただきたいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ので、当店では夏でも蒸したてをご提供いたします。

蒸し器の大きさの関係上一度に全部蒸しきれない場合がございます。その場合数回に分けてご提供させていただくことになりますが、ご容赦くださいますようお願いいたしますふらふら


しっかりとした味のある茶碗蒸しですぴかぴか(新しい)





posted by 甲子園口桜 at 03:41| Comment(0) | コース料理のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。